「こっち来る前に
レーシックやっておけばよかった」
という声は多いですね!

レーシックで視力回復してからワーホリに来ればよかった・・・

私は以前、ワーホキングホリデーでオーストラリアに1年ほど滞在していました。

日本からこれ持ってくれば良かったねぇ〜」とか「日本でこれやっておけばよかったなぁ〜」という話を語学学校などで知り合った日本人の友達とよくしていましたね。

「日本でもっとやっておけばよかったこと」のダントツ1位は「英会話の勉強」ですが、これはまぁ当たり前ですよね。ワーホリで来ている日本人で英語がペラペラの人ってまずいないですからね。

女子の間でよく言っていたのは「脱毛」です。

海外で生活していると、ついつい開放的になり、日本にいる時よりも薄着になることが多いんですよね。

で、みんなよく「日本で永久脱毛やってくればよかったぁ〜」などと言っていましたね(笑)男子の前では言えませんが。。

永久脱毛を日本でやってからワーホリに来ていた準備の良い女子はなんだか誇らしげな顔をしていました(笑)

なので、これからワーホリに行く人はワキの下だけでも脱毛しておくといいかもしれません!

あと、男女で話している時に一番多かったのが、意外だったのですが、レーシックです。

これは目が悪い人限定ですが、やっぱり海外でコンタクトレンズとかメガネってすごいストレスなんですよね。

裸眼でワーホリしている人がすごくうらやましかったです。

日本でレーシックして来た人が1人いたのですが、その人はみんなに質問攻めにされていて、ちょっとした人気者でしたね。

で、私はワーホリから帰国後に思い切ってレーシックで視力回復をしました。

今後、ワーホリにまた行くことはないと思いますが、海外旅行には少なくとも年に1回は行きたいですからね。

コンタクトレンズ代もかからないので、トータルで見たら節約にもなりますから。

レーシックが高かったのは過去の話

さて、2011年に日本に帰国してからさっそくレーシックについて調べました。

私の場合、ワーホリでたくさんお金を使っちゃったので金欠です。。。

なので、一番の不安は手術料金でした。

でも、調べていくうちにそんな不安は気にすることはないということが分かりました。

なぜなら、レーシック手術が高額だったのは過去の話になっていたからです。

以下の表のように、大手と言われているクリニックでさえ、今は両目で10万円以下でレーシックができてしまうのです!(価格は2013年7月現在もの。最新価格はHPをチェックしてください。)

大手クリニックの一番安いコースと手術料金(安い順)
クリニック名 お店がある場所 コース 手術費用
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー
新宿(東京)
札幌(北海道)
名古屋(愛知)
梅田(大阪)
天神(福岡)
スタンダード レーシック 15万円
品川近視クリニック
レーシック
有楽町(東京)
札幌(北海道)
名古屋(愛知)
梅田(大阪)
天神(福岡)
プラチナレーシック 7万円
SBC新宿近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
新宿(東京) SBKレーシック 71,500円

ウェブでのやりとりなら記録に残りますので、電話よりもウェブから問い合わせることをオススメします。

レーシックの手術費用が大幅に下がった理由

なぜ、これほどまでにレーシックの手術費用は下がったのでしょうか?

私はあるクリニックのスタッフが聞いたのですが、以前はレーシックといえば安くても30万円前後のプランばかりだったそうです。

しかし、そんなレーシック業界に美容クリニックが参入しました。

美容クリニックは今までのレーシック業界がすすんでやってこなかった「広告」に力を入れ、美容同様の商業的な手法で安値競争を引き起こしました。

そして、お金に余裕の若い人でもレーシックできるように、価格破壊を起こしたのです。

その結果、美容クリニック以外の眼科や大学病院などでも価格を下げざるを得なくなり、業界全体のレーシックの手術費用が大幅に下がったそうです。

そして、今では10万円以下のコースが乱立しているというワケです。

私のような貧乏人からしてみると、「美容クリニック万歳!ありがとう〜!!」って感じですけどね。

やっぱり、どんな業界も競争がないと価格は高いままですからね。競争がない業界は適正価格よりも高くなりがちですから。

今後もどんどん競争して、安全でお手頃なサービスを展開して欲しいですね。

出発の半年前にはレーシックしましょう!

さて、ここまで読んだワーホキングホリデーに行く予定のあなたは「私もレーシックで視力回復してからワーホリに行くぞ!」と思ったかもしれません。

しかし、1つだけ注意することがあります。

それは、最低でも出発の3ヶ月前、理想は半年前までにレーシックをする必要があるということです。

出発日ギリギリでは間に合いません。

レーシックは手術自体も10分ほどで終わり、翌日には視力がまるで魔法のように回復しますが、そこからのケアが大切なのです。

「翌日検診」「1週間検診」「1ヶ月検診」「3ヶ月検診」「6ヶ月検診」と定期的にクリニックに通って検診を受ける必要があります。

特に、手術後1ヶ月は目がすごく乾いたり、視力が1.2の日もあれば1.0の日もあったりして、ちょっと不安定ぎみになります。

私の場合は3ヶ月ほどでかなり安定し、6ヶ月後には自分がレーシックをしたことを忘れてしまったくらい自然になりました。

なので、レーシックをするなら、ワーホリに行く前の6ヶ月前にはやっておくべきだと私は思います。

それさえ守ってもらえれば、ワーホリ前のレーシックはすごくオススメですね。

ワーホリ滞在先でかなりストレスなく快適に過ごせると思います。

だって、海外の絶景が裸眼でクリアに見えるんですよ!それだけでもサイコーですよね^^

夜遊びしていたって、コンタクトレンズで目が乾いたりしないんですよ!

現地で仲良くなったイケメン外国人と一晩過ごす時も・・・^^;

おすすめサイト